あなたの枕、大丈夫ですか?

そのイビキ、枕が原因かも!?

 

なかなか治らないいびき。

 

実は枕が身体に合っていないことも、いびきの原因になっているかもしれないのです。

 

今回はいびきと枕の関係について、正しい枕選びのポイントや、いびきを止める・抑える枕について紹介します。

「いびき枕」目次

いびきと枕の関係

 

ベッドと枕

 

いびきは特にお酒を飲んだ日や、疲れが溜まっている時に出ることがあります。

 

たまにでしたら家族も我慢で出来ますが、周囲が眠れないほど毎晩うるさいいびきをかいているような状態でしたら、病気のサインや、枕が身体に合っていない可能性も考えられます。

 

よく「枕が変わると眠れない」という人がいますが、確かに合わない枕に変えたり、新しい枕に慣れないうちは肩こりがひどくなったり、いびきが大きくなったりすることがあります。

 

反対に、しつこいいびきに悩んでいる人は、身体に合った正しい枕選びをすることで、いびきを抑えられる可能性があります。

 

正しい枕選びのポイント

 

ソファで眠る男性

 

成人の頭は平均して5キロほどの重さがあるそうです。

 

それだけの重さを支える枕は、高すぎても低すぎても首や肩に影響を与え、気道をふさいでしまうので、いびきの原因になってしまうことがあるのです。

 

何の気なしに選んでいる枕ですが、形や素材、固さなど本当にたくさんの種類があって、どんな枕を選べば良いのか分からなくなってしまいますよね?

 

一般的に正しい枕選びのポイントとして、

 

  • 横向きの体勢でフィットしていること
  • 仰向けの状態で、背中や腰が浮かないこと
  • 寝返りを打っても余裕のある幅があること
  • 高すぎず低すぎず、身体の曲線に合っていること

 

と言われています。

 

以上の4点を考慮して枕選びをするようにしましょう。

 

枕専門店へ行ってみよう!

 

デパートや寝具専門店には、枕専門のコーナーがあります。

 

お値段は高くなりますが、専門店で枕の高さを調べてもらうと、自分にぴったりの枕を選ぶことができます。

 

いびきがうるさいと言われて困っている人は、一度専門店を尋ねてみることをおすすめします。

 

いびきを防止する枕の高さとは?

 

いびきをかいてしまう人には、枕は低い方がいいのでしょうか?

 

それとも高い方がいいのでしょうか?

 

枕の高さ

 

高い枕だと…

 

よく言われることですが、枕が高すぎるといびきが出ると言われます。

 

想像すると分かりやすいのですが、枕が高いとあごが首にくっついたような状態になります。

 

その状態で寝ていると、気道は「く」の字に折れ曲がってしまいます。

 

折れ曲がった気道は通常よりも狭くなり、空気が通りにくくなってしまうことで、いびきが起こってしまうのです。

 

低い枕だと…

 

では低い枕ならいいの?と言うと、実は低い枕でも、いびきは起こりやすくなります。

 

いびきは仰向けの状態で起こりやすいのですが、舌が喉の奥に落ちてしまい、気道をふさいでいびきが起こるというメカニズムです。

 

低い枕を使うと、舌が気道に落ちやすくなってしまうので、いびきが出やすくなってしまいます。

 

高さを出すために、低い枕を2枚重ねたり折り曲げたりするのも、頭が不安定になりますのでおすすめできません。

 

低い方がいい場合は、枕なしでもいいの?

 

低い枕の方が合ういう場合、枕なしで眠ってもいいのでしょうか?

 

結論から言えば、枕なしで眠っても、いびきを抑えることはできません。

 

上記でも紹介しましたように、枕が低い、枕がない状態では、舌が気道に落ち込んでしまうので、結果としていびきが起こりやすくなってしまいます。

 

枕の高さの正解はそれぞれの体型によるため一概には言えませんが、枕は身体に合った高さが必要なのです。

 

また、枕を使って頭を高くすることで、睡眠中に頭の血液を下げる働きがあります。

 

いびきを防止する枕の硬さとは?

 

枕の高さがわかったら、次に気になるのは「硬さ」ではないでしょうか?

 

いびきをかいてしまう人にって、枕は硬いほうがいいのでしょうか?

 

それとも柔らかい方がいいのでしょうか?

 

枕の硬さ

 

いびきをかく人は、枕の高さに安定性があった方がいいため、形が変わりにくい枕のほうがおすすめです。

 

羽毛の枕など形が変わりやすい柔らかい枕は、頭を載せると、枕が沈んでしまいます。

 

いびき予防の枕としては、硬めの素材の方がいいと言われています。

 

いびき対策用の枕、おすすめの素材は?

 

では、いびき枕には、どのような素材がおすすめなのでしょうか?

 

いびきを軽減する枕には、適度な弾力がある低反発のウレタン素材や、自分の体型で調節ができるプラスチックチップを使用した枕などが適しています。

 

また昔ながらのそば殻を使用した枕も、いびきに効果がある素材としておすすめです。(ただし、中でそば殻が動いて、枕が変形してしまうタイプのものはおすすめできません。)

 

いびき対策用の枕、NG素材は?

 

反対にいびき対策にNGなのは、羽毛や羊毛、ポリエステル綿を使用した柔らかいものがあげられます。

 

羽毛や羊毛は中の詰め物が一方に片寄ることもありますし、頭が沈み込んでしまうので、高さが安定しないというデメリットがあります。

 

また柔らかいウレタンフォームの枕も、頭の重さに負けて沈んでしまうことがありますので、適度な固さがあるものを選ぶようにして下さい。

 

いびき枕におすすめの素材

 

枕の寿命について

 

また、長年同じ枕を愛用している人は、枕がへたっていて頭の重さを支え切れていないことが考えられます。

 

素材にもよりますが、枕の寿命は2〜3年だと言われます。

 

それ以上使っているという方は、早めに買い替えを検討した方がいいでしょう。

 

そば殻 1〜2年
わた 2〜3年
羽毛 2〜3年
ウレタン(低反発) 2〜3年
パイプ素材 4〜5年

(東京西川より http://www.nishikawasangyo.co.jp/sleep/points/08.html)

 

睡眠時無呼吸症候群(SAS)も枕で良くなる?

 

いびきの原因として、睡眠時無呼吸症候群(SAS)という病気があります。

 

睡眠時無呼吸症候群は、文字通り眠っている時に呼吸が止まり、しばらくしてから呼吸が再開します。

 

一晩に何度も無呼吸を繰り返すので、眠っていても熟睡できず、放置しておくと高血圧や狭心症など、深刻な病気を引き起こす可能性もあります。

 

そんな睡眠時無呼吸症候群の人も、枕を変えることが効果的な方法と言われます。

 

ある実験では、適切な高さ、固さの枕を使用した、睡眠時無呼吸症候群の患者のほとんどが、仰向けの状態で眠っていても、無呼吸が起こりにくくなった、との結果が出ました。

 

また睡眠時無呼吸症候群の人は、肩こりに悩んでいる人が多いのですが、これも枕を変えたことで改善した、との報告も出ています。

 

いびき防止におすすめの寝姿勢は?〜仰向け寝、横向き寝、うつ伏せ寝…

 

横向きで眠っている男性

 

手っ取り早くいびきを抑える方法のひとつに、横向きで寝ることがあげられます。

 

いびきは喉の気道が狭くなることで起こるのですから、横向きの体制で寝れば気道は狭くならず、いびきが起こらないのです。

 

同じ理屈で、うつぶせ寝でも気道は圧迫されないので、いびきを抑える効果はあります。

 

とはいえ、普段仰向けの状態で眠っている人に、横向き寝かうつぶせ寝で眠って、と言っても、なかなか慣れなくて眠ることができない、という人もいますよね。

 

また、そもそも寝返りを打って仰向けになってしまえば、結局いびきは発生してしまいます。

 

寝方を変えていびきを抑えるのは対症療法に過ぎず、根本的な解決には至らないのです。

 

慣れない寝方で肩こりや腰痛など、身体に痛みが起こる可能性もありますので、あくまでも寝方を変えることは対症療法として考えておくようにして下さい。

 

いびきを改善するには、やっぱりオーダーメイド枕?

 

メジャー

 

最近では、自分の体型にぴったり合った「マイ枕」を作れるお店を見かけることが多くなりました。

 

市販の枕では自分の体型に合わないものもあり、それがいびきの原因になることも少なくありません。

 

その点オーダーメイドの枕は、自分の身体にピッタリ合った枕を計測して作ってくれますので、いびきを抑え、肩こりや頭痛などの健康促進にも役立ちます。

 

色々といびき対策を試してみたけれど、どうにもいびきが治まらない、肩こりや腰痛に悩んでいる、という人は、オーダーメイドの枕を検討するのもひとつの改善策です。

 

オーダーメイド枕ってどこで作れるの?費用は?

 

オーダーメイド枕は大型ショッピング施設や寝具専門店、ショールームなどで作れます。

 

大型のデパートでしたら、期間限定の店舗としてオーダーメイド枕を販売していることもあります。

 

気になるオーダーメイド枕の値段ですが、1万円程度で作れるものから、3万円以上するものまで、値段の幅が広いのが特徴です。

 

とはいえ、「値段が高ければいびきが起こらない」というわけではありません。

 

実際にある程度の期間使ってみなければ、枕の合う/合わないや、好き/嫌いがわからないというところはどうしてもあるものです。

 

もちろん市販の枕に比べると、お値段は高くなりますが、その金額を出す価値は充分にあります。

 

以下に、オーダーメイドの枕を購入できるお店を紹介します。

 

オーダー枕

 

東京西川

 

400年以上の歴史がある老舗寝具メーカーの東京西川。

 

枕の形だけでもたくさんの種類があって、選ぶのに困ってしまう位選択肢の幅が広いです。

 

枕以外でも、かけ布団や敷きふとん、ベッドカバーなど多数の品揃えが魅力です。

 

ピロースタンド

 

東京西川がプロデュースした枕専門店が、ピロースタンドです。

 

東京を中心に、千葉、神奈川、栃木にもピロースタンドの店舗があります。

 

枕のことはもちろん、寝具のこと、睡眠のことについても、ピロースタンドの「眠りのソムリエ」がアドバイスしてくれます。

 

スリーピングファクトリー

 

20万人もの愛用者の「生」の声から生まれた、完全オーダーメイドの枕を作れるスリーピングファクトリー。

 

大型ショッピングモールなどで見かけることも多いお店ですね。

 

眠りに関する専門知識を持つプロが悩みに答えてくれますので、いびきに悩んでいる人は、一度相談に行ってみてもいいですね。

 

店頭では実際に枕を体感することもできます。

 

日本製寝具専門店エムール

 

寝具全般を取り扱う「日本製寝具専門店エムール」は「眠具屋」の姉妹店です。

 

完全予約制でオーダーメイドの枕を購入することができます。

 

またネットショップにも力を入れており、特に「日本製」にこだわった商品を提供しているのが特徴です。

 

じぶんまくら

 

日本最大級の寝具・家具専門店、タナカふとんサービスが運営する「じぶんまくら」。

 

「究極なまでの自然な寝返り」をコンセプトに、完全オーダーメイドまくらを提供する専門店です。

 

厳しい研修を受けた「じぶんまくらマイスター」が、お客様の悩みや状態に合わせて一つ一つ、手作りで世界にひとつだけの枕を作ります。

 

製品寿命を迎えるまでメンテナンスを無料で行っているのも、大きな特徴です。

 

オーダーメイド枕のメリット・デメリットは?

 

オーダーメイドの枕のメリット

 

オーダーメイドの枕を使った人の多くから「肩こりや腰痛がなくなった!」「いびきが抑えられた!」という声が聞かれます。

 

人の身体は一人一人違うので、身体にピッタリ合った枕を使うだけで、いびきだけではなく健康にもつながるのです。

 

「もう市販の枕には戻れない」という声も聞きますね。

 

睡眠の質を高めたいという方にはおすすめです。

 

オーダーメイドの枕のメリット

  • 自分の体型や姿勢に合わせた枕が作れる
  • いびきの予防、改善になる
  • 肩こり、頭痛、腰痛などの改善につながる

 

オーダーメイド枕のデメリット

 

オーダーメイド枕は平均すると2〜3万円ほどかかります。

 

決して安い料金ではないので、二の足を踏む人も多いでしょう。

 

日割り計算をすればそこまで高くはないのですが、やはり料金が大きなハードルを感じる人が多いようです。

 

またオーダーメイドの枕はおおむね特徴的な作りになっていますので、頸椎を乗せる位置を間違えると、肩こりや寝違えが起こる可能性もあります。

 

枕はどうしても実際に使ってみなければわからないという側面はありますので、「せっかく高いお金を出して買ったけどすぐ使わなくなってしまった…」という人も少なからずいるようです。

 

オーダーメイドの枕のデメリット

  • 料金が高い
  • メンテナンスが面倒
  • 実際に使ってみたら「合わなかった」という可能性もある

 

今話題の「タオル枕」について

 

バスタオル

 

いびきをどうにかしたいけれど、オーダーメイド枕は高すぎて手が出せない。

 

インターネットでは枕にタオルを巻いて高さを調節すると良いって聞くけれど…。

 

確かに低い枕が原因で起こるいびきには、タオルを巻いて高さを調節するといびきが抑えられる可能性があります。

 

作り方は簡単で、市販のバスタオルをタテに二つ折りして、さらに半分に折ります。

 

次に端からできるだけ固く巻いて、両端をゴムやヒモなどで結んで完成です。

 

固く巻くのは高反発の枕になるからで、できる限り力を入れて巻くことがポイントだそうです。

 

寝るときは首のくぼみにタオルを入れるだけ。お金もかからず洗濯も簡単なので便利ですね。

 

ただ、タオルケットで作る枕や、市販の枕にタオルを巻いて高さを調節する方法は、お手軽な分、寝返りや寝相でタオルがズレてしまったり、正しい位置にならないこともあります。

 

タオルで枕を調節する方法は、一時的な対処療法として便利ですので、旅行先などで使ってみても良いですね。

 

枕は毎日使うものですので、できればオーダーメイドで自分に合った枕を選ぶ方が、より効果的にいびきを改善できるかもしれません。

 

枕について相談できる!枕外来「16号整形外科」について

 

16号整形外科

 

16号整形外科という病院を知っていますか?

 

テレビやラジオ、雑誌などで多く取り上げられているので、聞いた事がある人も多いかもしれません。

 

16号整形外科は、

 

  • 整形外科
  • 特殊外来:枕外来、装具外来
  • 検査部門
  • リハビリテーション部門

 

からなる病院です。

 

枕外来では整形外科医の視点から、寝姿勢の指導、枕の治療に力を入れています。

 

オーダーメイドの枕を作りたい場合は、併設の山田朱織枕研究所にて計測、購入することが可能です。

 

神奈川県にある病院ですが、眠りに関する悩みを抱えた患者が全国から殺到しているのだそうです。

 

山田朱織医院長について

 

院長・医学博士の山田朱織さんは、35年もの臨床経験をもとに、全国でも珍しい睡眠分野と枕を専門とする整形外科医です。

 

自らを「マクラエバンジェリスト」(正しい枕と睡眠姿勢の伝道者)とし、2万人以上の枕を製作しています。

 

テレビでも話題!いびきに効く「玄関マット枕」とは?

 

玄関マット

 

大人気の16号整形外科ですが、その中でも特に、テレビ番組で取り上げられ話題になっているのが、「玄関マット枕」と呼ばれるものです。

 

玄関マットとタオルケット、バスタオルなどで簡単に作れる枕で、快眠やいびき、肩こりや腰痛などに効果があると、インターネットでも話題になっています。

 

「玄関マット枕」の作り方

 

玄関マット枕の作り方は簡単です。

 

玄関マットを3つ折りにして、タオルケットを縦に2つ折り、横に2つ折り、次に3つ折りにして玄関マットの上に重ねれば完成です。

 

実際に頭を乗せてみて、以下の状態をチェックします。

 

  • 仰向けの状態で呼吸がしやすい
  • 首が楽に感じられる
  • 横向き寝になったとき、手をクロスにして鎖骨に当て、鼻とアゴ、左右の親指の付け根が床と平行になっている

 

高さが足りない場合は、タオルを足し引きして調節します。

 

自分で作ってみたい!という方は、ぜひこちらの動画をチェックしてみてください。

 

 

山田朱織枕研究所 の「整形外科枕」について

 

山田朱織さんの名を冠した枕研究所では、5ミリ単位の微妙な高さで枕を調節してオーダーメイド枕を製作しています。

 

「たったの5ミリ?」と思うかもしれませんが、よく考えると、靴でも5ミリ違うだけで足が痛くなったり違和感を覚えることがありますよね。

 

5ミリ、枕の高さを変えるだけで、今まで不便に思っていた首の痛みや肩こり、さらにいびきまで改善できる可能性があるのです。

 

医学研究と臨床経験から生まれた、独自の計測方法で、患者にジャストフィットした枕を提供しています。

 

「整形外科枕」の口コミをチェック!

 

人生の3分の1が睡眠の時間です。
この枕に出会えた事で、人生の3分の1、得したように思います。
これからもずーっと使い続けたいと思います。

 

思い起こせば時々寝違えていましたが、この枕を使用してから、1度もありません。
仕事がら、出張が多いのですがビジネスホテルに泊まった時にこの枕の凄さが分かりました。
1日ならなんとか我慢出来るのですが、2日連泊となると、首や肩、背中までがガチガチに凝ってしまいます。
今は出張の時も持って行くようになりました。

 

いびきがほんとに枕で治るのか半信半疑でしたが、あまり方法もないので、枕にかけてみることにしました。
睡眠不足で肌荒れもすることもあったので、よい睡眠にお金を惜しまないというのはいいことかと思ったのです。
計測所までいって計測して、枕が届くのにまた1か月くらいかかった記憶があります。
使い始めてみると、少し硬い気もしましたが、すぐになれて、手放せないようになりました。
いびきはというと、ダンナにいわせると改善しているようです。

 

9カ月待って、仕事休んで、高いお金を払って購入しましたが…期待はずれでした。
楽になるどころか、朝起きると首が痛い…
慣れが必要なのかなぁと思い、しばらく使用していましたが変わらず…
メンテナンスがついていましたが、また出向かなくてはいけない。
わざわざそんな時間もとれないので、今は市販の枕を使っています。

 

いびき用に開発・市販されている枕(仰向け・横向き)

 

仰向けに寝る女性

 

ここからは、いびき対策として開発、市販されている枕を紹介していきます。

 

値段や素材、固さなど様々な種類がありますので、自分に合う枕を探してみて下さい。

 

まずは、仰向けや横向き寝用の枕からご紹介します。

 

フランスベッド いびき軽減枕 V−1

 

Amazonや楽天などの通販サイトでも購入できる、いびき対策用枕です。

 

お値段もオーダーメイド枕に比べるとかなりお安いので、手が出しやすいのではないでしょうか。

 

素材は低ウレタンフォームで、単三乾電池4本が入っていることが特徴です。

 

フランスベッド いびき軽減枕V-1には内蔵センサーが搭載されていて、いびきを検知すると軽い振動を出していびきを軽減するのだそうです。

 

弾力性のあるウレタンフォームで、頸椎のカーブにもフィットしやすく、快適な睡眠をサポートしてくれます。

 

レビューでは賛否両論真っ二つに分かれる商品ですが、オーダーメイド枕は高くて買えない、という人は一度試してみてもいいですね。

 

フランスベッド サイレントピロー いびき防止まくら

 

先ほどと同じフランスベッドの枕ですが、こちらは自分で高さを調節できるいびき防止まくらです。

 

材質はパイプ、フェザー、そばがらの3種類あり、寝姿勢が仰向けにならないよう、調節をするタイプの枕になっています。

 

いびき博士、池松亮子先生の研究結果から生まれた枕で、自分が最も眠りやすい高さを自分で調節できる、という点が高評価になっています。

 

スージーas快眠枕について

 

楽天で見事1位を獲得したスージーas快眠枕は、頭を乗せるだけで自然と気道を開く効果があり、いびきに悩む人にぴったりの枕だと、高評価のいびき防止枕です。

 

その独自の形状は、航空機の設計技術を応用した立体形状で、首が当たる位置を自然とサポートしてくれます。

 

また従来の低反発ウレタンは、ムレやすく熱がこもりやすいという点がありましたが、スージーas快眠枕は頭部の通気性を確保して、ムレにくく、朝まで快適な睡眠を約束してくれます。

 

さらにスージーas快眠は仰向け、横向き寝、うつぶせ寝にも配慮され、気道をふさがずそれでいて自然な寝返りがうてるような設計がされていますので、どのような寝方の人でも朝までぐっすり眠ることができるでしょう。

 

料金は税込5,880円。

 

他のいびき防止枕に比べると、非常にお得な料金設定なので、試しにひとつ、という気軽な購入ができますね。

 

スージーas快眠枕の口コミをチェック!

 

効果は自分じゃ分かりづらいですが、頭の位置的な安定感はあると思います。
固さも程よい感じで左右の部分は若干固めにされててへたりにくい感じになってると思います。
しばらく使用してみていきたいです。

 

旦那は鼻が悪いので、イビキが爆音!
うるさすぎて眠れない日々…悩んだあげく、藁にもすがる思いでこちらの商品を購入。
初日、イビキが全くなくなりはしませんでしたが、夜中にイビキで目が覚めることがなかった!
2日目、少し高さを調節すると、あれ?死んでる?って確認するくらいの無音!
素晴らしいです!買ってよかったです。

 

隣で寝ている主人のいびきがひどく、これでは本人も朝スッキリしないのではと思い購入してみました。
使用してみると2、3日は首が慣れないなぁといっていましたが、慣れてくると使い心地に問題はないみたいです。
それよりもいびきが激減したので、本人も隣で寝ている私もまさに快適に寝れるようになりました!
主人の父にもこれから買ってあげようと思います。

 

グーストについて

 

いびきと不眠で悩んでいた主婦が発明、特許取得をした枕です。

 

その形状からも察しは付きますが、枕の中央部分に凸部分があり、左右どちらかの方向へ自然と寝る向きが誘導されるという仕組みです。

 

調節用小袋が付属されていて、くぼみ部分に使用すれば普通の枕としても使用できます。

 

またグーストは上辺、下辺で詰めパイプの固さが異なりますので、好きな固さを選ぶことができます。

 

グーストの口コミをチェック!

 

わりと硬めのずっしりした枕です。
上を向くとイビキをかいてしまうので、横を向いて寝るように心がけています。
が、なかなか難しいので、この枕は期待出来そうです。

 

ネットで見たときは、「よさそう」と思いましたが、最悪でした。
窪みの間隔が狭すぎて寝返りをうつとくぼみに頭が合わず寝返りがうてません。
真ん中の仕切りも硬すぎて頭が痛くなります。
時間をかけて探してこれに決めましたががっかりでした。

 

いびきをかく父を心配して、父の日にプレゼントしましたが使いにくかったらしく、寝心地も悪かったらしく1日で返されてしまいました。
確かに快適に眠れなければ、いびきを防止できても良くないなと。

 

いびき枕スタンダードタイプ(リビングインピース)について

 

通常の枕よりも、高めに調節して気道を開き、呼吸をしやすくするいびき防止枕です。

 

高さと大きさは充分ですので、体格の大きな男性でもゆったりと使用することができます。

 

材質はソフトパイプを使用して、こちらも購入者自身で量を調節することが可能です。

 

洗濯も簡単で、安心の日本製ということもあり、プレゼントとして購入する人も多いそうです。

 

いびき枕スタンダードタイプ(リビングインピース)の口コミをチェック!

 

睡眠障害でマウスピース着用で就寝していますが、睡眠中のログを取ってみると寝返りが多かったりいびきをかいたりで眠れてない様子。
何か効果の高い枕がないか探していたら辿り着きました。
現品を見て思ったのは「大きい」「硬い」で、頭の位置が高く首に負担がかかりそうで、こんなので眠れるのか心配でしたがログを取ってみると…何もログがない!効果ありだと思います。

 

両親の部屋は隣で父のいびきは凄く、轟音が隣の部屋の私にまで聞こえてくるレベルでしたがこのまくらをプレゼントした途端ピタリと音が聞こえてこなくなりました。
お酒を飲んだ日のいびきも気にない程度になったと母が喜んでいました。
普段のいびきは全くなくなったそうなので、ベッドの隣にいる人のいびきに悩んでるそこのあなたにお勧めします!

 

父の日のプレゼントに、主人に購入しました。
というのも、実は自分の為で、隣で寝ている主人のいびきに悩まされていたので何とかしたいと思い・・・。
早速この枕を使わせたところ、いびきが止まりました。
しかし、3日目にはいびきをかいていたので、ダメか、、、と思っていたら、頭が枕に乗っていなくて、、、
頭を枕に乗せたらまた止まりました。
100%ではないのですが、とても高い確率でいびきをかかなくなったので、大満足です。

 

いびき用に開発・市販されている枕(横向き専用)

 

横向きに寝る女性

 

いびきを防止するには、横向きに寝ることが大切と言われます。

 

枕を使うだけで、自然と横向き寝ができるような商品が開発されています。

 

フランスベッド スリープバンテージ

 

バラエティ番組で取り上げられ、大人気となったいびき防止枕です。

 

特徴はその見た目。Jの字の形をしていて、包み込むように横向き寝をサポートしてくれます。

 

使い方次第では半分うつ伏せ状態での睡眠もサポートしてくれますので、横向きの状態で本を読んだりテレビを見るのにも楽な体制を取れます。

 

横楽寝(西川)

 

医師がすすめる健康枕として、東京西川からも横向き寝をサポートするいびき防止枕が販売されています。

 

何となく見た目はアーチ状の普通の枕のようにも見えますが、横向き寝が安定しやすい特殊な形状なのだそうです。

 

補充パックが付属されていますので、自分の好みの高さに調節することができます。

 

グースリーパー プラス(西川)

 

枕を抱っこしたような状態で眠る人もいますよね。

 

そんな人にぴったりの枕が、グースリーパープラスです。

 

ピーナッツのような形が特徴的で、横向き寝、半分うつ伏せ状態、また抱き枕のような感覚でも使用することができます。

 

手を添えやすい取っ手付き、高さの調節もできる、横向き寝にフィットしやすい中央凹型形状で、自然と横向きになるので、いびきが抑えられる効果もあります。

 

グースト

 

頭を乗せると、中央の山部分が邪魔をするので、自然と左右横を向くように設計された枕です。

 

慣れるまでは使いにくいと感じる人が多いようですが、眠れないと感じる人は、中央の小袋を取り出すとドーナツタイプの枕に変更することができます。

 

きせきのねむり

 

医療先進国ドイツで開発されたいびき解消枕「きせきのねむり」は、臨床実験において何と9割の人のいびきが改善した、との実績があります。

 

ドイツを中心としたヨーロッパ諸国でロングセラーとなり、アメリカでも大人気、日本にも上陸を果たしました。

 

きせきのねむりは、枕本体と中央の盛り上がり部分の高さ、ふたつの高さを調節できる枕になっています。

 

中央の盛り上がり部分は、実際に寝た状態で空気の出し入れがしやすい構造になっているので、絶妙な高さ調節が可能です。

 

枕の素材も、汚染物質が検知されないユーロラテックスを使用した、安全な天然素材で作られています。

 

YOKONE2

 

テレビや書籍で話題沸騰のいびき防止枕がYOKONE2です。

 

特徴は特許技術で頭、首、肩、腕の4点を支えていること。人工工学に基づいて作られた横向き専用の枕で、いびきはもちろん、肩こりや腰痛、頭痛にも効果がある枕です。

 

また3段階の高さ調節も可能で、大柄な男性や小柄な女性でも使いやすい枕になっています。

 

何でも横向き寝は身体の負担が少なく、アルツハイマー病などを引き起こす、アミロイドβを排出しやすい寝方なのだそうです。

 

身体の負担を考えると、横向き寝が一番安定しているとの意見もありますので、健康を気にする人もYOKONE2で安眠を手に入れたいですね。

 

YOKONE2の口コミをチェック!

 

枕ジプシーで、これまで色々試してきましたが、今回も駄目元で注文しました。
頭が水平でキープされるところが凄く良いです。
久しぶりに朝まで目覚めることなくぐっすり眠れました。

 

夫用に購入。
夫は178cmですが、枕の高さがちょうど良い感じです。
使い始めて数日は、自分に合う寝方を探していましたが、そのうち慣れたようです。
以前は歯軋りもひどく、夜は何度も起きていましたが、この枕を使い始めてからはたまに夜一度トイレに起きることがありますが、ほとんど朝まで熟睡。
歯軋りもほとんどなくなり、びっくりです。

 

朝起きたときから肩が凝って顔もどよーんとしてました。
この枕を使用したら肩こりがほとんどなくて、目の下のクマも解消されて、どんよりからすっきりした顔になりました。
これは効果あるみたいです。
枕選びは難しいので私には合ってるみたいです。

 

クビックス

 

使用者の98%のいびきが改善されたという大人気商品のクビックス。

 

特徴的な外観がポイントです。

 

理論上、横向き寝をしている限りいびきは抑えられます。

 

しかし人間は、健康な人であれば一晩に20回近くも寝返りを打ちます。

 

横向きで寝ていても、寝返りを打って仰向けになってしまえば、いびきは起こりやすくなってしまうのです。

 

クビックスは日本人の頭蓋骨がフィットしやすいくぼみと、頸椎をサポートするための程よい突起で、仰向け時でも気道がスムーズに通るよう、工夫がされています。

 

素材は中反発のポリエーテル型ウレタンを使用し、寝返りもスムーズに行える反発力があります。

 

クビックスの口コミをチェック!

 

主人のいびきは家族にとっては大問題でした。
隣の部屋にまで響いてくるほどで、いびきに効果がある口コミ評判の良い枕を、いくつか試しても見ました
その中でクビックスは枕ということで、特に害もなくできるので主人に使ってもらうことにしました。
最初は相変わらずいびきは響き渡っていました。
でもひと月くらいした頃から、だんだんと主人のいびきが落ち着いてきて、ほとんど聞こえなくなったのです。
使用してから効果が出るまでには個人差があるのだと思いますが、主人にはバッチリのいびき防止の枕でした。

 

口コミで気になっていたいびき解消枕のクビックスは、自分にはあっていました。
実は最初は首元がきついかもと感じたのですが、すぐになれましたし、何より寝つきがとても良くなりました。
実は購入後に、メールで使用方法などを相談したのですが、返信はその日にありましたし、とても親切な内容で回答がありました。
購入後もしっかりサポートがあって、安心できるのは大きいです。

 

いびきに関して口コミをもとに思い切って枕を購入。
今まで枕なんて、安くて構わなかったので、自分にとっては少し高級な買い物。
ですが大きないびきに悩んでいて病院で相談したくらいです。
病院での治療としては、手術も案内されましたが、どうしても踏み切れません。
レーザー治療で日帰りでできると言われてもやはり怖いのです…
クビックスの枕を使用し始めてから、自然といびきがうるさいと家族から言われなくなりました。
いつの間にかいびきは和らいだみたいです。

 

勝野式横寝枕

 

L字の特徴的な形がポイントの、勝野式横寝枕。

 

気道がふさがれることによって起こるいびきや睡眠時無呼吸症候群の対策として。また腰痛にも効果がある枕として多くの人が利用している枕です。

 

口コミでは「すぐに材質がへたってしまう」との声もありますが、通販サイトで購入すると3,500円くらいの商品ですので、気軽に購入できる金額ではないでしょうか。

 

勝野式横寝枕の口コミをチェック!

 

無呼吸症候群対策で購入しましたが、変えて以来いびきが少なくなり、パートナー曰く効果は出ている様です。

 

材質が悪い!
すぐにヘタる。
これではせっかくのアイデアも無駄になる。

 

頭が埋没することなく、しっかりした反発があり、断面形状も頭にフィットしています。
この枕形状が特殊なので、枕カバーもセットで販売していただければ、さらにグッド。

 

横寝用の「腰枕」もある!

 

いびき防止や健康のため、横向きの方が良いと聞いても、眠っていれば自然と寝返りをうって、仰向けに寝てしまうこともありますよね。

 

そんな人のために、横向き姿勢をしっかりとサポートするための「腰枕」もあるのです。

 

形状を見てもらえば一目瞭然なのですが、腰に突起のような詰め物がありますので、仰向け寝ができず、自然と横向きで寝ることができます。

 

ベルトの部分は医療用サポーターを製造している、竹虎製ですので、朝までずれずに横向き寝をサポートします。

 

材質は備長炭入りパイプで、高さの調節も可能です。

 

いびき対策に「抱き枕」は効果あるの?

 

いびき防止枕は多くありますが、抱き枕はいびき対策に効果があるのでしょうか。

 

確かに横向きで寝る抱き枕は、理論上はいびきを軽減する効果が期待できそうです。

 

ただし、寝返りをうってしまえば抱き枕は身体から離れてしまい、いびきを抑える効果は得られません。

 

横向き寝をサポートするいびき防止枕は、頭が枕から離れないよう、形や大きさを調節しているので、朝まで無理なく横向き寝を続けることができます。

 

抱き枕ではサポート力が弱いので、購入の際の参考にしてもらえたらと思います。

 

いびき対策に「挟まれ枕(大型横向き寝枕)」は効果あるの?

 

大きな枕で身体を包み込み、抱き心地も良いツインテール挟まれ枕。

 

腕はもちろん、足で挟んでも楽な姿勢を取ることができる巨大抱き枕です。

 

こちらも横向き寝の状態ですと、いびきの軽減に効果がありますが、仰向けで寝てしまう可能性もありますので、いびきを抑える枕としての使用は難しいと言えます。

 

また表面の生地はスパンデックス生地、素材はポリエステル、とポリウレタンを使用していますので、冬場はともかく、夏は暑くて使えない、といった意見が多く見られます。

 

いびき防止用ネックピロー(巻き枕)は効果あるの?

 

いびきを抑えるグッズとして、ネックピローという商品もあります。

 

代表的な商品を見てみましょう。

 

スノアゴン

 

スノアゴンは下あごの線にフィットして、あごが下がらないように支えるいびき対策グッズです。

 

一見するとネックウォーマーのように見えるので、旅行先に持って行っても恥ずかしい思いをすることは少ないかもしれません。

 

首に巻くタイプのいびき防止グッズですので、違和感を覚える人や寝苦しいと感じる人もいるようです。

 

いびき防止ネックピロー(Rakula)

 

マジックテープで自分の首にフィットしたサイズ調整が可能。

 

通気性の良いドライメッシュ生地を使用したネックピローがRakulaです。

 

効果は個人差が大きく、合わないという人はおおむね「首が熱い」「首が凝る」という意見が見られます。

 

口が開きにくくなるので、いびきの軽減になった、という意見もありますので、選択肢のひとつに入れても良いかもしれませんね。

 

いびき防止巻き枕(Alfa.co)

 

Amazonのレビューが多いのは、お値段が68%オフの1,600円という価格だからかもしれません。

 

実際のところ、「いびき対策に効果があった!」という人もいれば、「全く効かなかった」という意見、くっきりと分かれています。

 

首に巻くタイプの枕は、あごが下がるのを防止する効果はありますが、肩こりが起こる人も多いようです。

 

使用して違和感があったり、寝苦しいと思う場合は、自分の身体に合っていない可能性が高いので、無理をして使用しない方が良いかもしれません。

 

いびき防止ネックカラー(Amenity Life)

 

何となく、むち打ちになった人が、治療として首に巻くカラーを思わせるような見た目があります。

 

実際にいびき防止の他、軽度のむち打ちにも使用できる、との記載がありました。

 

サイズはS、M、Lの3種類ありますので、自分の身体の大きさに合わせたタイプを選ぶことができます。

 

いびきには効果があるけれど、首が痛くなる、とのレビューもあります。

 

また本商品を巻いて就寝する際は、枕の調節も必要になりますので、注意して下さい。

 

いびきの音に反応するセンサー付き枕は効果あるの?

 

いびきの音を感知して、枕が振動して寝返りを促進させるセンサー付きの枕も開発されています。

 

スマートアンティスノアピロー

 

スマートアンティスノアピローはいびきを完治して枕が左右にゆっくり動き、この動きに反応して口を閉じたり寝返りを打つなど、運動を促す効果もあります。

 

何となく、寝るたびに揺らされてはよく眠れないのでは…とも思うのですが、「ゆっくりと振動するので、目が覚めることはない」とのことです。

 

高さ自動上下枕「メカピロ」

 

肩幅が広い人は、仰向けの状態と横向き寝では、首の高さが大きいはずです。

 

メカピロは医療機器メーカーが15年もの歳月をかけて開発した自動調節枕です。

 

仰向け、うつぶせ、横向きなど、頭の高さに反応して、枕に内蔵された昇降装置のバネの力で、高さを自動調節するのだそうです。

 

材質は高品位低反発ウレタンと、高反発ウレタンを組み合わせて作られていて、朝までムレず、しっかりと頭を支えてくれます。

 

いびきバスター

 

人工工学に基づいて綿密に設計されたいびきバスターは、不安定になりがちな頭と首を優しくしっかりとサポートし、いびきを軽減してくれます。

 

枕の中には音感センサーが内蔵されていて、いびきの音を感知すると、ダブルエアバッグが作動し、自動的に枕の高さが変わります。

 

そうすることで頭の向きや姿勢が自然と変わり、いびきが緩和されるという仕組みです。

 

いびき枕、amazonでレビューの評価が高い商品は?

 

アマゾン

 

次に、通販サイトのAmazonで評価が高いいびき防止枕を紹介します。

 

SATEOBA 新世代 人間工学設計ヘルスケア枕

 

こちらのSATEOBA 新世代 人間工学設計ヘルスケア枕は、レビュー数24で星5つが21、星4つが3と、非常に高い評価を得ている枕です。

 

SATEOBA 新世代 人間工学設計ヘルスケア枕は人工工学設計において、

 

 

の4点を支え、いびきを軽減し、朝まで熟睡することができる枕です。

 

素材は低反発メモリフォームを採用していて、ゆっくりと沈み込み、適度な柔らかさが虜になる人多数です。

 

いびきの軽減はもちろん、「気持ち良く朝まで寝られる」というレビューが多く見られる枕です。

 

lucrubun 快眠夢枕

 

lucrubun 快眠夢枕は36件のカスタマーレビュー中、31人が星5つという高い評価を得ている枕です。

 

人気の秘密は人工工学に基づいた設計で、アジア人の頭部形状や骨格のデータを元にして、就寝時の負担を軽減する作りになっているそうです。

 

また枕を覆うカバーは肌触りの良いビロード生地を使用しており、汗も素早く吸収して枕の劣化を防止しています。

 

使用者のレビューを見ると、多くの人が首や肩の痛みが劇的に改善された、目覚めがスッキリすると好評を得ています。

 

KINGO 人間工学設計 低反発

 

身体に負担がかからず、頭や首をサポートする枕が、KINGO 人間工学設計 低反発です。

 

仰向けで寝てもいびきが起こりにくく、もちろん横向き寝もしっかり頭と首にフィットする枕です。

 

ウレタンフォームを使用した素材ですので、適度な弾力と反発力があります。

 

いびき枕、楽天で評価がでレビューの評価が高い商品は?

 

楽天

 

次は楽天市場で好評のいびき防止枕を紹介します。

 

いびき対応まくら

 

レビュー件数856件、総合評価4.06と高い評価を得ている商品が、いびき対応まくらです。

 

首を支える下方が高い、逆傾斜構造を採用しているので、気道を開きやすくして、呼吸が楽にできるような作りになっています。

 

また枕のサイドは二重ファスナーになっていて、中には小粒パイプが入っています。

 

自分の好みの高さに調節ができる枕ですので、色々な体格の人にもフィットしやすい枕になっています。

 

オルトペディコ枕

 

オルトペディコ枕は、レビュー件数が5,000を超えていて、総合評価4.01と高評価のいびき改善枕です。

 

一見すると普通の大きな枕、といった感じですが、∞型になった弾力性のあるウレタンフォーム素材が、個人の頭にあった最適な深さへなじむように変化していくのです。

 

レビューも「ぐっすり眠ることができた」「追加注文しました」といった声が多数。

 

少し大きいので、シングルサイズのベッドや布団に使うと、かなり存在感があります。

 

また楽天では、先にご紹介したスージーas快眠枕やフランスベッドのスリープバンテージなど多くの商品がありますので、自分の好みや条件に合った枕が見つけられますよ。

 

ニトリにいびきにいい枕ってある?

 

ニトリ

 

「お、ねだん以上」でおなじみのニトリですが、ニトリにはいびき対策枕はあるのでしょうか。

 

実際に公式サイトなどで確認をしましたが、いびきを抑える効果のある枕は見当たりませんでした。

 

かろうじて、エアトリップという枕が他の枕よりも高い弾発製を維持し、高さ調節可能な枕を販売しています。

 

しかしいびきを抑える効果については言及されていません。

 

ニトリの枕にいびきを抑える効果は薄いようですので、購入の際は注意するようにしましょう。

 

エアウィーブにいびきにいい枕ってある?

 

エアウィーヴ

 

寝具メーカーとして有名なエアウィーブ。

 

こちらのメーカーにはいびきに効果的な枕は販売しているのでしょうか。

 

調べたところ、エアウィーブにもいびきを抑える効果のある枕はありませんでした。

 

しかし高さを調節できるタイプの枕はいくつか販売しているので、自分の高さに合った枕にすることはできます。

 

エアファイバーは90%以上が空気で、通気性も抜群に優れているので夏の蒸し暑い夜でも快適な睡眠を取ることができます。

 

テンピュールにいびきにいい枕ってある?

 

テンピュール

 

マットレス・ピローメーカーとしては、世界で唯一NASAに公式認定されていて、売り上げは世界bPのメーカー、テンピュール。

 

こちらの最新エルゴノミックモデルの「ミレニアムネックピロー」はいびきや肩こりに効果があるとして、楽天で多くの支持を受けています。

 

首が当たる部分の厚みは何と11センチ(Mサイズ)。他にもS、L、Xからサイズを選択できます。

 

出張、旅行に持っていけるいびき用枕ってある?

 

出張するビジネスマン

 

出張の多い人や、旅行先で他の人にいびきで迷惑をかけてしまっては…と心配になる人もいますよね。

 

本当は普段使用して、いびきが起こらない枕を持って行くことが一番です。

 

どうしても持って行くことができない場合は、横向きで寝る、タオルを使って高さを調節する、飲酒をしないなど、対策を講じてみましょう。

 

他にも、いびきを抑えるサプリや鼻孔拡張テープなど、いびき対策グッズも販売されていますので、出先だけ使用するなどの方法があります。

 

スノアゴンなどのネックピロー(巻き枕)

 

スノアゴンのネックピロー(巻き枕)は、旅行先や出張先に持って行くことも簡単です。

 

つけている所を他の人に見られても、あまり恥ずかしさは感じないのではないでしょうか。

 

人によっては息苦しくて眠れない、効き目が感じられないといった声が聞かれますので、事前に使用して自分の身体に合うかどうか、チェックするようにしましょう。

 

ホテルのタオルを使って、自分の高さにあったタオル枕を作る

 

ホテルにある枕は、柔らかくて高い枕が多いので、そういった枕しかない場合は、備え付けのバスタオルを折りたたんで、自分の高さに合った枕を作ることもおすすめです。

 

タオルでしたら予備がいくつかありますし、高さの調節も簡単にできますので、気軽に挑戦できますよ。

 

いびき防止サプリという手も!

 

マイ枕を持って行くことが一番良いのですが、やっぱり難しい、という場合は、サプリの力でいびきを抑えるという手もあります。

 

いびきを抑えるサプリは、喉の筋肉成分を改善して、いびきを抑える効果がありますので、いびきの抑制、熟睡効果など多くの効果があります。

 

サプリの場合、服用して即いびきを抑えるということは難しいので、普段からサプリを飲んでおくといいでしょう。

 

まとめ

 

以上、いびきに効果がある枕について、自分に合う枕の高さや素材、おすすめの枕など紹介しました。

 

こうして色々な目線で紹介していて感じることは、「いびきは多くの人が悩んでいることだ」ということです。

 

これだけたくさん、いびき対策グッズや枕、サプリが溢れているということは、それを必要としている人が多くいるという証拠なのでしょう。

 

自分のいびきはもちろん、家族のいびきで困っている人も、ぜひいびきを抑える枕やサプリを服用して、静かな夜を過ごせるようにしましょう!